July 28, 2009

ベーグル・マジック

私の中で時々やってくるのが手作りモノ。テレビやネットを見ていると急に自分でも作りたくなってしまうことがあるんです。手作りといってもソーイングには全く手を出すことはないんですけどね・・・
先日もプリンを作っている方をテレビで取り上げられていたのを見て無性に自分でプリンを作りたくなり、10年近く前に購入した色んなプリンの作り方のレシピ本とにらめっこして作ったのですが、なめらかプリンのはずが・・・・硬い。お菓子系は分量や手順をしっかり踏まないと失敗するので慎重にしたはずだったけどダメでした。バニラビーンズがもう1本残っているので凹み気味の手作り気分を奮起させて近いうちに作りたいと思います。

そして最近再び手作り気分になっているのがパンです。そこで今回はベーグルの本を買って道具(?)からも気分を盛り上げています。
大好きな福岡のベーグルのお店『NANA CAFE』が参考にしているとベーグルサイトに書いてあった「ベーグルマジック」、あたしもNANA CAFEのようなもっちりベーグルが作れるようになるといいなぁという思いで買っちゃいました。

きっと雑なあたしの性格だとちゃんとした出来上がりには程遠いんだろうけど基本のプレーンベーグルや生地に練りこむタイプのベーグル、そのベーグルに合う具材などが紹介されている本です。
サンドするものによってかなりボリュームもあるベーグル、本の写真もかっこよくて見てるだけで唾液と美味しんだろうなぁと食欲を掻き立てる1冊です。

ベーグル・マジック

投稿者 okei : 10:24 PM | コメント (0)

April 16, 2009

世界!弾丸トラベラー

ハワイ大好きな我が家では、ハワイやフラを特集したテレビ番組を好んで見ています。BSデジタルだと毎日どこかのチャンネルでハワイの情報を放送しているんですよね。
先日、日本テレビ「世界!弾丸トラベラー」でモデルの梨花ちゃんプレゼンツのとっておきハワイが放送されていました。定番のお買物からフラ、ハワイの自然を体感するところまで濃厚な旅を満喫していましたよね。限られた時間の中であわただしく行動するのは何だかもったいない感じ。でもそれが弾丸トラベラーなんだよね~。もっとゆっくり楽しみたいだろうね。

しずちゃんのフラはさすが映画「フラガール」でちゃんとレッスンしてるのでサマになっていましたね。あたしも屋外の自然の中でフラのレッスンをうけてみたいなぁ。

日本の冬シーズンしかワイキキビーチでサンセットを見ることができないらしいので次回はこの時期を狙って渡ハしたいと考え中・・・・
あぁ、今度はいつ行けるかなぁ~。近々では行けそうにないので弾丸トラベラーで3人が行った時の様子やお店が紹介されている本を買って空想働かせてハワイを楽しんでます。


ガールズハワイ

投稿者 okei : 11:03 PM | コメント (0)

December 23, 2008

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない

ちょっと過激なタイトルの本。アメリカについて書かれた本で、とても興味深く一気に読める内容でした。まずアメリカでは宗教が市民生活に深く関与しているというテーマ。政治とも密接であり、選挙には重要なポイントなんだと。また宗派で極端に違う点などが驚きでした。

アメリカには政府の健康保険が無いという事で、民間の保険は高額で病院に行くことは難しいと言う現実。

そしてサブプライムローン。低所得の人に家を持たせると言う政策。そこに突き進んで行ったら世界中が大変なことになった。

今年行われた次期大統領選挙について、メディアなども含めて背景には、こんなことがあったというのも驚きである。日本ではテレビなどで誹謗中傷や比較広告みたいなものは放送するのは無理?だと思うが、アメリカでは普通にありますよね。

この本は面白いです。

投稿者 ぎる : 09:41 PM | コメント (0)

December 04, 2008

いっそイラスト ハワイ単語帳

ハワイ語の単語の本を探していて、テーマ別にとても分かりやすい本が見つかりました。テーマ別ですので関連付けて見ることが出来るのが良いです。またイラストがひとつひとつにありますので、イメージしやすく直感的なところがまたまた良いですね。

単語帳としてお薦めです。

投稿者 ぎる : 06:23 PM | コメント (0)

March 10, 2008

ホームレス中学生

図書館にリクエストしていた本がようやく順番がまわってきました。お笑いコンビ「麒麟」の田村裕さんの「ホームレス中学生」です。
ある日突然住む家がなくなり家族もバラバラになり食べるところも寝る場所も自分で確保しなくてはいけない状況に陥ったら・・・・・、それも中学生で。話の中ではとても危機感や不安感があまりなかったのかなぁとこっちが心配になってしまう。そして家族の大事さ、最期の様子がよく伝わってきました。
作家さんが書いた本は文章を読んで自分の頭の中でその光景や様子を形つくっていくんですが、この本の表現はとてもわかりやすくて一気に読めました。

ホームレス中学生

投稿者 okei : 08:02 PM | コメント (2)

November 16, 2007

九州和菓子紀行


九州和菓子紀行

また食べ物の話になってますが、今回は本の紹介です。今図書館で借りている本なのですが、読むものまで食べ物かよ!と突っ込まれそうです・・・・

いつもスイーツや気になる洋菓子を追っかけては食べているんですが、和菓子も大好きなんです。この本には子供の頃からある銘菓や隣県なのに知らない和菓子が誕生の由来など解説つきで載っています。昔からあるお菓子なのに食べたことなかったり、子供の頃食べていたけど大人になってもう何年も食べていないなぁと思うお菓子もたくさんありました。今のスイーツは流行が過ぎるとなくなる物が多いけど、掲載されている和菓子は何十年も愛されて歴史あるものばかりのようです。何十年もお客さんに望まれるってすごく大変なことだと思うんです。どの和菓子も素朴でシンプルな感じです。
本を読み(見)ながら「これ食べたことない~」、「ここの県はこれが有名なのね」とか「あーこれ子供の頃食べてた」など読みながら楽しめます。
お取り寄せして遠くのお菓子を頂くのもいいけど、地元を振り返って食べる和菓子も大切だなぁと思わせる本でした。

投稿者 okei : 03:46 PM | コメント (0)

October 03, 2007

キッパリ!

読書の秋ですね~・・・・
って読書嫌いなあたしが言うのはとっても違和感があります。でも活字読まないといかんよねぇという気持ちはいつもあるんです。だから毎年年初めの目標に『月1冊本を読む!』なんて掲げちゃったりするんです・・・・でも達成したためしはありません(汗)。
そんなあたしにいつも刺激を与えてくれるブログ友のゆず。ちゃん、彼女の読む本の数には圧倒されてます。本を読む人の書く文章ってとてもまとまってて力があって勉強になります。そして彼女に刺激されて再び本を読み始めました。
といっても難しい本はちょっと挫折しそうなので・・・

キッパリ!

上大岡トメさんの「キッパリ!」を借りてきました。2004年に発売されてすごく注目されていたを覚えています。
もうまさにぐうたらを極めたあたしに対する内容でした。ちょこっとだけどそのちょこっと5分だけでも気をつけていくと生活も人間性も人生も素敵に楽しくなっていく話です。心に響いたものをちょっと抜粋してみました。

・迷った時は、勇気がいるほうを選ぶ
・テレビのスイッチを切る
・急いでいる時こそ、字をていねいに書く
・口癖を変えてみる
・「遅い」「今さら」「どうせ」は禁句にする
・気乗りしないお誘いは、その場で断る
・お礼は優先第一位にする
・約束の5分前に行く

今のあたしにほとんど足りてないものです。テレビは見たいわけじゃないけどなんとなくつけてしまうんです。でもこれってつい見てしまい、手や頭が止まってしまいもったいないのです。
それにネガティブ言葉も多いんですよねぇ~。言葉って洗脳されやすいんです。特に自分から出た言葉ってかなり強力なんですって。だから口癖もポジティブ表現に変えると人間性も変わっていくそうです。
お礼のメールや手紙、電話も後回しにする傾向があるので気をつけたいと考えさせられました。

これで素敵なおけぇへ変身するのでしょうか~?かなり大変だろうけど、時々この本を読み返して磨いていけたらいいなぁと思ってます。

投稿者 okei : 05:06 PM | コメント (3)

August 15, 2007

旅の指さし会話帳 ハワイ

この本、英語初心者でなくても結構良いです。イラストや写真がたっくさん載っていて、しかも発音をカタカナで書いてくれてるんだけど、何となく英語っぽいカタカナで確かに英語を話しているかのような感じです。色々なシチュエーションでページ構成がされており、ハワイを旅行する際に使えそうです。ハワイ語まで載っていますよ。


投稿者 ぎる : 09:22 PM | コメント (0)

August 12, 2007

失礼な英語 丁寧な英語

「ごめんなさい」はI'm sorryではカジュアルすぎるので、目上の人には別の表現をしましょうなどと、今まで知らなかったことを丁寧に教えてくれます。カジュアルな表現からフォーマルな表現に向けて5段階に分けて説明があるので状況別に理解することができるのが良いです。イラストがシュールで結構面白い。旅行した時に失礼な英語を知らずに使っていたことに気付きました。


投稿者 ぎる : 11:28 AM | コメント (0)


マハロカフェ